上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2014.05.25 逮捕≠犯人
私はパソコン遠隔操作事件について、マスコミと国民の見方に疑問を感じます。
なかでも、逮捕=犯人とする報道、そしてそのような目で見てしまう国民の見方に疑問を感じます。

この事件では先に4人の誤認逮捕がありました。
誤認逮捕は必要悪です。
現在の警察の捜査上どうしても発生してしまいます。
ですから、この時点では、報道も国民も逮捕は「犯人の疑いがある」という程度の見方をすべきと思います。
そして裁判の結果、有罪となった時に初めて犯人と見るべきだと思います。

逮捕=犯人と考えてしまう事は事実誤認です。
そしてその責任は多くは報道にあると思います。
報道のミスリードに原因があると思います。
また、国民への教育や啓蒙の問題でもあると思います。
今後、私達は逮捕=犯人ではないことを知らなければならないと思います。

逮捕=犯人と国民が誤認するために起こる悲劇
・(誤認)逮捕されたとたん、その人は世間から犯罪者として扱われ、逮捕された人の生活がむちゃくちゃになる。
・(誤認)逮捕にも関わらず、検察は有罪としようとして、証拠を捏造し、冤罪が増える。
いずれも、私達自身がいつ被害を被るとも限らない問題です。
私達の物の見方を変えることで、私達自身への被害が減るのでしたら、私達は(逮捕=犯人)というものの見方を変えるべきだと思います。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/957-11bd88d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。