上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2014.06.06 戸籍と差別
知っていますか?戸籍と差別一問一答 (知っていますか?一問一答シリーズ)知っていますか?戸籍と差別一問一答 (知っていますか?一問一答シリーズ)
(2010/11/05)
佐藤 文明

商品詳細を見る

戸籍は日本にしかないと最近知りました。
著者は戸籍は差別を生むとして、戸籍の廃止を主張してます。

戸籍には父と母の名が記されています。
父母の戸籍をさかのぼる事で、何代も前の先祖をさかのぼることができると言います。

もし被差別部落の出身者であったなら、もしアイヌであったならそれを理由に差別をされる。
だから戸籍は廃止しなければならないと著者は主張します。

しかし私は思います。
もし戸籍がなくなっても、出自で人を差別する人は、別な方法で出自を調べて差別するだろうと思います。
ですから、戸籍をなくすことで差別がなくなるとは思えません。

一方、戸籍によるメリットはなんでしょうか。
私の知る限り、遺産相続の時に、相続人を確定しやすいという事があげられます。
戸籍に配偶者、子が明記されているので相続人の確定がしやすいです。

しかしその程度です。
日本に戸籍がなければならない理由も、廃止しなければならない大きな理由もないように思えます。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/962-f8b3ef90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。