上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
電化製品は感電の危険がありますので、基本的には接地(アースを取る)事が必要です。
でも、全ての機器に接地するのは大変なので、比較的安全な機器は接地しなくても良いことになっています。(電気設備技術基準の解釈29条2項)

設問では「電気用品安全法」という法律がでてきます。
これは、なんでしょうか?

家庭で使う電化製品は、誰もが安全に使えるようにする必要があります。
その規格を取り決めた法律が電気用品安全法です。
この法律は割と新しくて平成13年から施行されています。
それ以前は電気用品取締法と言っていました。

電化製品が電気安全法に適合しているか検査するのは電気安全環境研究会(JET)です。
ここで検査に合格するとPSEマークが与えられます。

このマークがついていないと、電化製品を販売してはいけないことになっています。
私も今知ったばかりなので、さっそく電気屋さんにいって電化製品にマークが付いているか確認してきたいと思います。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/991-b6088472
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。