上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
7/28から、(一応)ダイエットを始めた。
(一応)一日1800kcalと決めて、ダイエットをしていた。

7/28体重は75.1kgだった。
今日体重を測ってみた、(なんということでしょう!)75.4kgに増えてしまっている・・・

確かに今日はビールを飲んでしまったし、一昨日も飲んでしまった・・・

でも、間食はやめたので体調はいいような気がする。
もう一週間1800kcalでやってみよう。
結果がでなければ、1500kcalで再チャレンジもいいだろう。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
僕が一ヶ月で3kg痩せるための必要カロリーは1350kcal/日だそうです。
ちなみに僕の今日の晩御飯の摂取カロリーは1228kcalです。
晩御飯だけでです。
道理で太り続けるわけだ。
激しく納得した。

ちなみにこちらのサイトでは必要カロリーは2100〜2500kcal/日のようだ。

さらにこちらで調べると、僕の基礎代謝量は 1638kcalで、1日に消費されるカロリー量は 2867kcalだそうです。
デブだからね^^

さらに言えば今の体重は75.1kg・・・目標は一月3kg減。摂取カロリーは、何kcalに設定すればいいだろうか・・・
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
今日は函館ハーフマラソンがありました。

招待選手として、埼玉県庁の川内選手、藤原新選手も来ていました。
両選手とも手を振ったり、市民ランナーの握手に応えたりしてくれてとてもいい感じでした。

試合の方は藤原選手が優勝、川内選手は4位でした。
写真は優勝した藤原新選手です。

函館ハーフマラソン2013
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
3月23日からウイルス性の胃腸炎になったり、花粉症らしき症状を発症したりして、体調が悪かったのです。
その原因は気温の変化にあるのではないかという仮説の元に調査をしました。
3月の気温変化をグラフにしたのが下の図です。

2013年3月気温変化

これだけでは良くわかりません。それで調子の良かったとき2月の気温変化と比べてみることにしました。
下図は2月の気温変化のグラフです。

2013年2月気温変化

明らかに2月より3月のほうがギザギザが激しく、気温の変化が大きいことがわかると思います。
この事から2月から3月になり、気温変化が大きくなり私の体がついていけず、体調を崩したことがわかります 笑
もっとも、こんなことやっている暇があるのなら、睡眠時間を多く取ったほうが、体のためにはいいのです 笑笑

ちなみに、このグラフは気象庁のデータから簡単に作ることができます。
便利な世の中になったものです。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2013.03.24 腹痛
昨日お医者さんに行って薬をもらって来ました。
(多分)ウイルス性の胃腸炎だそうです。
お医者さんも断定はできないけれど、同じような患者がいっぱいようです。

このウイルス性の胃腸炎で有名なのはノロウイルスです。
そして、ほとんどの胃腸炎のウイルスは接触感染だそうです。
ただし過去に吐瀉物(としゃぶつ)が乾燥してホテルのダクトを通して空気感染したという事例があるのでご用心を

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村

ぜんぶわかる筋肉の名前としくみ事典―部位別にわかりやすくビジュアル解説ぜんぶわかる筋肉の名前としくみ事典―部位別にわかりやすくビジュアル解説
(2012/07)
肥田 岳彦

商品詳細を見る

僕はランニング中にひざの痛みがあったので、フォアフット走行に変えてみました。
つまり、足の着地時、かかとから下りないで、足の裏全体で着地するようにしてみたのです。
すると、ありがたい事に膝の痛みはなくなってきました。
ところが今度はアキレス腱に痛みがでてきました。

そこでアキレス腱とは何ぞやと思い、ちょいと調べた見ました。
まず腱とは何ぞやと言う事ですが、骨と筋肉とを結ぶロープのような組織だそうです。
そしてこのアキレス腱は足の骨と下腿三頭筋(かたいさんとうきん)と言う筋肉を結ぶロープです。

さらに三頭筋とはなんぞやと言うと、三つの筋肉と言う意味です。
つまり下腿三頭筋とは、下腿(ひざから下の脚)の三つの筋肉の総称です。
その三つの筋肉とは、ひ腹筋2本と、あの有名なひらめ筋の合せて3本です。

さてここで本題に戻ります。
私はストレッチでアキレス腱の痛みをやわらげたいと思ってアキレス腱を調べてました。
でも、ストレッチで痛みを緩和できるのは筋肉であって、腱ではありません。
ですから、いくらストレッチをやっても腱の痛みは緩和しないようです。

先ほど、ググッてみたら「休養」が一番だそうです^^
他にもテープを貼るというのもあり、しばらくテープで様子を見てみようと思います。

それにしてもこの本は筋肉フェチには垂涎の一冊です。
ほんと楽しいです^^
下腿三頭筋
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
走っていると、呼吸が苦しくなってきます。
そんなときは、スピードを落とすことで負荷を調整できます。
走っているときの、スピードと体への負荷は比例します。
スピードを下げると、それに比例して苦しさが減ります。

スピードは体を前に倒したり、後ろに反らす事で調整できます。
スピードを上げる時は、胸のあたりを前に引っ張られるイメージで体を前に倒します。ほんのちょっとで良いのです。体を曲げないように注意してくださいね。
逆にスピードを落とすときは背中の真中あたりを後ろに引っ張られるようなイメージをします。

これがうまくできるようになると走るのがとても楽しくなります。
自分がF-1マシンになったような気分です。
もちろん私はF-1マシンではありません 笑

実はこのF-1マシンの調子が悪いときの走りは、歩きより遅くなります。
公園でウォーキングしている人に追い抜かれてしまいます。
こういう事はとてもかっこ悪いので、思わすへらへら照れ笑いをしてしまいます。

しかし、これは間違った行動です。
照れ笑いをすると、ウォーカーさんは、「あっ、この人おそーいフフフ」とちょっと小ばかにしてきます。(多分間違いありません)

正しい対処法は、何事もなかったように泰山自若歩き続ける、もとい!、走り続けることです。
そうするとウォーカーは、「なにかこの究極的に遅いF-1マシンも、きっと新しい機能のテスト中なのだろう」と思うはずです。(多分間違いありません)

私と一緒に、皆様もご自身のF-1マシン(肉体)の改造にとりかかりましょう!
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
今年の春に初めてフルマラソンを完走しました。
記録は5時間40分で、私としては上出来、一般的には惨憺たる結果に終わりました。
わたくしと致しましては、さらにステップアップするために、来年の春は洞爺湖マラソンを目指します^^

洞爺湖マラソンの制限時間は今年2012年より、5時間から30分のび、5時間30分となりました。
わたくしとしては大変うれしく思います。

さて、今年5時間40分で完走した千歳マラソンは林道のコースです。
緑の中を走ると言ってもいいのですが、山の中のコースです。
標高差が163mあります。そして砂利道です。

来年ねらっている、洞爺湖マラソンは湖の周りを走るコースです。
標高差は少なく、36mです。そして舗装道路です。

今年より10分ほどタイムを縮める必要はありますが、標高差や道路状況を考えれば楽勝と高をくくっておりました。

ところが、そんなに甘くないことを今日気づいたのであります。
洞爺湖マラソンの標高差は36mですが、獲得標高差、つまりコース全体の登る高さは260mもあるのです。つまり細かいアップダウンが結構あるのです。
千歳マラソンの獲得標高差は300mです。ほとんど違いしかないのです。

これは、誤算だった。
さっそく練習を開始せねば・・・・・もう遅いかしら・・・・

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
今年の春にフルマラソンを完走してから、燃え尽き症候群だったり、観測史上最も暑い残暑だったりでさっぱり走っていませんでした。

今日ひさびさに23km走りました。
タイムは3h10mです。
獲得標高は176mです。
標高差100mで0.6km分距離が伸びると仮定します。
100km相当タイムは13h12mです。
(サロマ100の制限時間は13hです)

ここだけの話ですが、実は私はサロマ100kmを目指しています。
あまりにも大胆なので、自分でも戸惑っています。(どう言うこっちゃ)

今後のスケジュール
来年2013年は洞爺湖マラソン、再来年2014年は函館(多分)フルマラソン。
そして、3年後の2015年にサロマ100を完走する予定です。
あっ  言っちゃった・・・
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
今日は地元函館でハーフマラソン大会があり見てきました。(私は走ってはいません^^;)

自分でもマラソンをやりながら、みんな何で走るんだろうと思っています。
僕にとってはトップランナーの人達は観ていてあまり面白くないのですが、後ろのほうを走る人は興味深いです。

明らかに余裕があり楽しんでいる人もいるのですが、鬼のような形相で走る人もいます。
びっこを引きながらそれでも走る人、頭を下げ1m先を凝視しもくもくと歩を進めるランナーもいます。
なかには走るのを諦めてうつむき歩くランナーもいます。
でも、何故か立ち止まるランナーはいない。沿道の声援に後押しされるからでしょうか。

動画は昨年2011年のラクビーワールドカップ決勝戦の終了後、ヘイリーが(多分)閉会式で歌っているものです。
このゲームでは壮絶な戦いの末、ニュージーランドがフランスをくだして優勝しました。
僕がもし・・・もしも、ニュージーランドのメンバーだったとしたら、ヘイリーの歌声に癒されながら、仲間や敵チームと栄光を讃えあい、観客に祝福され場内を一周できたとしたら、それはもう至福の極みだと思います。

なんで走るんだろうと自問自答したとき、自分を讃えるためと言うのも答えのひとつのようです。
まだまだ煩悩は捨てられませんね^^;


にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。